入れ歯DENTURES

違和感の少ない入れ歯づくりを
目指します

入れ歯(義歯)を作るのに大切なのは、残っている歯や、顎の骨を長持ちさせるということです。虫歯で歯を失ってしまったことを悔やむよりも、残った歯を大切にして行くことを考えましょう。

失った歯が1~2本の場合はブリッジやインプラントの治療で処置することが可能ですが、広範囲にわたって歯を失ってしまった場合、患者様のご予算と状態に合わせてプランを立て、ご案内いたします。

入れ歯を作るうえで留意しなければならないことは、装着したときのフィット感や安定性が大事であるという点です。当院では、一人一人の患者様に合った入れ歯を作るために、綿密な型を取り、入れ歯を作製することを心がけています。美しい笑顔をつくるお手伝いをするために、患者様のヒアリングをしっかりと行い、十分なコミュニケーションを取っています。

歯科技工所と連携した入れ歯作り

入れ歯が合わないことでお悩みの患者様は多いのではないでしょうか。入れ歯が合わないと、痛みが生じたり、物が上手く噛めなくなったりして、不便なものです。あらかわ歯科医院では、入れ歯の違和感を少なくし、患者様の不便さを少しでも取り除くため、歯科技工所と連携を取り、精度の高い型取りを目指しています。

入れ歯の種類Denture type

コーヌス・テレスコープ義歯

コーヌス・テレスコープ義歯とは、支えとなる歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの部分入れ歯です。ものを噛む力が高く、クラスプが必要ないため、見た目が良いのが特徴です。自分の歯に近い感覚でものを食べられるほか、取り外して洗えるため、入れ歯が清潔に保てます。

ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプとは、クラスプに金属ではなく、白いプラスチックを使用したものです。金属のクラスプはむき出しになっているため、一目で入れ歯とわかり、見た目を気にされる方が非常に多くいらっしゃいます。今まで使用していた部分入れ歯のクラスプをホワイトスクラプに作り変えることも可能です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、義歯の裏側と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、装着する入れ歯です。入れ歯の安定感やものを噛む能力を補うことができます。クラスプが必要ないため、見た目も良く、入れ歯が磁石によって固定されるので、安定感があります。取り外しが楽なので、掃除もしやすく清潔感が保てます。

金属床義歯

金属床義歯は、義歯床が金属でできている入れ歯です。プラスチック歯より摩耗が少ないため、噛み合わせが安定するのが特徴です。歯並び等を整え、お口の中全体の調和を考えて義歯を制作いたします。

入れ歯を薄くすることができるため、通常の保険が適用できる入れ歯よりしゃべりやすいことや、違和感が少ないなどの長所があります。また、汚れが付きにくく、変形しにくいのも特徴です。ただし、修理が難しく、保険も適用できないため、非常に高価になってしまうのが欠点です。

超精密デンチャー(イボカップレジン)

義歯製作中に起こる変形は、義歯の吸着力に影響を与えます。そこで当医院では、加圧填入方式加熱重合法を用いたレジン床義歯イボカップを使用しております。これは、通常、保険で作製される加熱重合法より寸法変化が極めて少なく、精密で正確にお口に適合します。硬度が高いため、レジン床でありながら破損の心配もほとんどありません。また、他のレジンより匂いがないというメリットもあります。

〒252-1127 神奈川県綾瀬市早川城山1-3-22

About Clinic About Clinic

アクセス・診療時間
あらかわ歯科医院
〒252-1127 
神奈川県綾瀬市早川城山1-3-22
診療時間
09:30~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

休診日 : 木、日、祝
▲土曜 9:30~13:00 / 14:00~17:00